So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

手描きパースでの挑戦!! [絵]

以前、“「手描きパース」での提案”という記事を書きました。
[→]「手描きパース」での提案

本日は、手描きパース最新作をアップします。

輸入住宅3b.jpg

今回も、ベースになる絵はCADで作成しています。
プリントアウトした絵に、デザイン的要素を加筆し、それにトレーシングペーパを重ねて全体をトレースすることで下描き完了。
着彩は、例によって透明水彩絵具を使用しました。

新築ご希望のお客様への、プレゼンテーションのための絵です。
競合他社がいます。
相手は某大手木造系ハウスメーカーです。
ううっ、強敵すぎますが、勝ちたい!
勝てた場合のみ、また報告したいと思います(笑)


ポチッとして頂ければ、
競合他社打破へのパワーとなるに違いありません!

人気ブログランキング




「安里屋ユンタ」をあなたにも! [音楽]

本日も、夏向き音楽ネタを少々。

私は、沖縄民謡「安里屋ユンタ」が大好きなのです。
沖縄の民謡ライブ酒場などへ行くと、必ずやってくれる有名な唄なので、ご存知の方も多いかと思いますが、念のために書いておきますと、「安里屋」は「あさどや」と読みます。
「ユンタ」とは労働歌の一種のことで、田植え唄として歌われていたようです。

asadoya1.jpg
出展 http://www.ishigakijimaumibe.com/minyou/asadoya/asadoya.htm

オリジナル歌詞は八重山の方言で、琉球王国時代に実在した絶世の美女「安里屋クヤマ」とそのクヤマに一目ぼれした下級役人のやり取りを面白おかしく描いているのですが、お馴染みなのは「ヤマトグチ」で書かれた方ですね。

サー 君は野中の茨(いばら)の花か
サーユイユイ
暮れて帰れば ヤレホンニ 引き止める
マタハーリヌ チンダラ カヌシャマヨ

もう6年以上も前の話ですが、石垣島の民謡酒場や水牛車の上で聴いた「安里屋ユンタ」は、
素朴な響きの三線の音色と共に、私の心に強く突き刺さりました。

大阪へ帰ってからも、「安里屋ユンタ」が聴きたくて聴きたくて!

ここはやはり、困ったときのYouTubeです。
検索してみると、膨大な数の「安里屋ユンタ」が現れます。いろんなスタイル聴き放題!

中には意外な方も。
細野晴臣&イエロー・マジック・バンド 1978年の名盤PARAISO(はらいそ) 130896842374716217267_71XNrxNSsjL.jpg
このアルバムの中で、細野晴臣さんが、「安里屋ユンタ」を飄々と歌い上げています。
レコーディングメンバーを見ると、坂本龍一、高橋幸宏の名が!

別口で、坂本龍一さんが、ぼそぼそ歌っているのもありました。
桑江知子さんなんて方も、自ら三線を弾きながら。
MONGOL800も「安里屋ユンタク」という曲名で、かなり激しく!

沖縄の有名どころでは、ビギン、夏川りみ。
沖縄の準有名どころでは、上間綾乃、古謝美佐子。
沖縄のあまり知られていないどころでは、数知れず(笑)。


そんなYouTube「安里屋ユンタ」軍団のなかで、
新たに私の心に突き刺さった、というより優しく包んでくれたモノがありました。

これです。

演奏しているのはbleürという名のヒーリングユニットです。
bleürは、最も心が落ち行く色「青」を表すフランス語「bleu」と「neutral」「raundのr」
の3つを組み合わせた造語らしいのですが、さて、なんと読んだらいいのでしょ?

歌詞はオリジナルの八重山の方言なので、何を言っているのかサッパリ分かりません。
それでも、聴いていると、ほっこり優しい気持ちになれて、自然とリラックスできます。
あの「安里屋ユンタ」を、こんなにも心癒されるヒーリングミュージックにしてくれて、ありがとう!

ストレスまみれのあなたに、お奨めします。
静かな夜に、ワインでも飲みながら聴くのが似合いそうな、ネオ沖縄民謡です。
お時間のある時に、ぜひ!


「てぃんさぐぬ花」という唄もいいですよ!
ここはひとつ、優しい気持ちで
ポチッとお願いします!

人気ブログランキング





夏がまた来る、いつかのメロディー♪ [音楽]

つい先日まで、桜の花の話題であふれていたかと思ったら、ここ数日のこの暑さ。
一気に夏が来てしまった感じです。
今日は、夏にまつわる音楽思い出話を少々。

’80年代、一世を風靡したギタリスト、高中正義さんをご存知でしょうか。
私は、夏といえばタカナカでした。高中氏については以前にも、ちょっとだけ書きました。
[→]あこがれのケラマ諸島

当時、デートと言えばドライブ。ドライブのお供は、好きな曲を詰め込んだカセットテープ。
高中氏の紡ぎだすメロデイーは、当時の若者たちの夏のテーマミュージックだったのですよ、いまどきの若者たち!


高校生の頃よりギターを弾いていた私は、当然ながら「ギタリスト高中正義」に憧れました。
高中氏の使用ギターといえば、ヤマハのSGシリーズが有名ですが、もうひとつ、ソロデビュー時より一貫して使用されている機種があります。

ストラトキャスターです。
TAKANAKA.jpg
これは高中氏のセカンドアルバム「TAKANAKA」のジャケット写真ですが、氏が抱えているギターは、フェンダーのストラトキャスター。1950年代終わりぐらいのオールドモデルです。

私は、デザイン的にも音的にも、SGよりストラトキャスターの方が好きでした。
でも本物は高いし、オールドモデルとなるとさらに高い。

で、買ったのがこちらのギター。
ストラト2.jpg

東海楽器が作っていたオールド ストラトキャスター のコピーモデル ST-80です。
こだわったのはスリートーンサンバーストと呼ばれるボディーカラーと、メイプル製のネックです。1980年代初めのシロモノ。もはやジャパニーズオールドです。
まだ、ちゃんと鳴りますよ。

高中氏のファーストやセカンドで聴くことのできる、クリーンで伸びのある音色は、ストラトキャスターのセンターとリアのピックアップを同時に使うハーフトーンに、深くコンプレッサーをかけて作られたものです。
↑上の一文が理解できた人は、高中氏を神と崇めたギターキッズであった可能性が、かなり高いと思われます(笑)。

大学生の頃は、授業の課題制作に追われていましたが、時間があれば、ずっとギターを触っていました。ギターの才能については、すぐに限界に気付いていたので、プロ志向はいっさいありませんでしたが。

今でもこのようなものを使って、
時々「なりきり高中正義」をやったりします。
karaoke2.jpg
ギター・カラオケCD付の楽譜!

でも、音はヘッドフォンの中で鳴らしています。
わずかでもアンプで音を出せば、ウチの娘が「うるさーい」と叫びながら、スタン・ハンセンのような勢いで私の部屋に乱入してきますので(笑)。


夏の思い出とともにある、タカナカですが、私が氏の音楽を好きになったきっかけの曲は、ブルー・ラグーンやレディ・トゥ・フライといった派手なトロピカルチューンではありませんでした。

こちらが、そのきっかけの曲「サヨナラFujiさん」です。


ファーストアルバム「セイシェルズ」に収められた、本人のボーカル入りのナンバーです。
しっとりとした曲調、軽やかでメロディアスなギターが印象的な、夏の終わりに聴きたくなる、隠れた名曲です。お時間のある時に、ぜひ!

夏が来れば、思い出す♪
あなたの好きな、夏の名曲は何ですか!?


サーフィンをしたことがないくせに、タカナカの他に、カラパナやパブロクルーズを聴いていた人!
陸サーファーであったことを反省して(笑)、
ポチッとお願いします!

人気ブログランキング

自宅で簡単!本格・冷凍パエリア通販。【パンdeパエリア パーティ】北陸の味覚をお届け





今度は現役選手限定! 「これがホントのプロレス総選挙2017」 [プロレス]

雑誌Numberが主催する、「これがホントのプロレス総選挙2017」が行われています。

今年の3月には、テレビ朝日系のTV番組でも「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」が行われました。
[→] 「史上初! プロレス総選挙」観ましたよー! 

それは、現役選手に限ってはおらず、かつてのスタープロレスラーの方々がランクインされ、古いプロレス者の私には親しみの湧く内容でした。

しかし、今やっている総選挙の方は、投票対象が現役選手限定とされています。

「日本のリングで闘ったことのあるすべての現役レスラー」の中から「これだ!」という選手を選び、インターネット上のサイトから投票するというものです。だから、サイトを見ることができる人なら、誰でも投票できるということですね。

0012.png
出展:Number これがホントのプロレス総選挙2017 サイト

投票サイトのボタンをクリック(あるいはタップ)すれば、投票用紙(紙ではないけど)が表示されます。そこに、自分が思う2017年現在最高と思う選手の名前(必須)、2位、3位の選手の名(任意)と選考理由(任意)を書き込みます。

その他に、この投票用紙には名前(ニックネーム可)、性別、住んでいる都道府県名、メールアドレス記入欄があって、これらすべてが必須記入項目となっています。まあ、仕方がないとはいえ、リスト集め目的まるだしで、ちょっと引きます。

この総選挙で1位になったプロレスラーは、Number夏のプロレス特集号の表紙を飾り、上位10位までに入った選手は必ず紙面に掲載される、という事になります。


下記は5月18日の最終中間発表による、上位10人です

 1位 内藤哲也(新日本プロレス)
 2位 棚橋弘至(新日本プロレス)
 3位 中邑真輔(WWE)
 4位 オカダ・カズチカ(新日本プロレス)
 5位 ケニー・オメガ(新日本プロレス) 
 6位 黒潮“イケメン”二郎 (WRESTLE-1)
 7位 飯伏幸太 (飯伏プロレス研究所)
 8位 柴田勝頼 (新日本プロレス)
 9位 HARASHIMA (DDTプロレスリング)
10位 丸藤正道 (プロレスリング・ノア)

上位5人が新日本と元新日本(中邑真輔)で占められています。
しかし私は2位から5位の選手は、一応知ってはいたのですが、
現在1位の、内藤哲也選手 を知りませんでした。

古いプロレス者の私は、いま旬の新日本の選手のことがよくわからんのです。
他団体の選手は、まるでわかりません(笑)。

そこで、困ったときのYouTube。
内藤哲也選手で検索すると、
ありました、内藤哲也VSケニー・オメガ。

00000.png
YouTubeの動画をキャプチャーしました。

試合観てぶっ飛びましたよ!
あまりにも凄い試合だったもので。
そこまでやるか、というぐらいの高度な技の応酬。

まあ、観ている方は目まぐるしい技の攻防に大興奮ですが、
やっている選手は大変ですよ、あれでは。

最近、新日本プロレスでは、リング上でのケガが目立っています。
選手としては、プライドをかけ、体を張ったパフォーマンスなのでしょうが、
こんなことやっていたら当然か、と思ってしまいます。
古いプロレス者としては、ケガのないように祈るばかりです。

とりあえず、なぜ内藤哲也選手が現時点1位なのか、納得できました。
ケニー・オメガ選手も技が切れる上、けっこうえげつない攻撃していました。 

うわさ通り、今、新日本プロレスが熱いようです。

「総選挙投票所」へのリンクを貼っておきます。
ご興味がありましたら、どうぞ!
なお、投票の締め切りは、2017年5月31日です。
[→]これがホントのプロレス総選挙2017


まだ現役で頑張っている、藤波辰爾選手に清きご一票を入れるつもりで、
ポチッとお願いします!

人気ブログランキング




綾瀬はるか さんが行く! Beautiful JAPAN toward 2020 [スポーツ]

「Beautiful JAPAN toward 2020」というサイトをご覧になられたことはありますか?
実は私も、たまたま目にしたサイトだったのですが、思わず見入ってしまいました。

パナソニックの宣伝用サイトなのですが、素晴らしいのですよ、これが!
宣伝の手伝いをしてしまいますが、良いものは良いという事で、シェアしたいと思います。

これがそのサイトのコンセプト。
ps022.png
出展:パナソニック Beautiful JAPAN toward 2020 サイト

女優の綾瀬はるかさんが、日本の各地のオリンピック、パラリンピックを目指す競技者を訪ね、自らも練習に参加したりして交流する様子が、写真と動画で描かれています。
その取材の一部をTVコマーシャルとしてシリーズ化しているようです(こちらはあまり印象にないのですが)。

東京オリンピックが開催される2020年をゴールに、47都道府県をすべて訪ねていく計画のようで、今までに24作がアップされています。

最新作は、私の大好きな「空手道」。
でも取材先は空手の故郷の沖縄ではなく、愛知県で創設60年、地元に根差した空手道場です。
若干の違和感はおぼえましたが、それだけ空手道が全国的に認知されているという風にとらえれば、これはありですね!

綾瀬はるか meets 愛知 空手篇

出展:https://www.youtube.com/watch?v=ioGD8jAFdOM

綾瀬はるかさんは、TVドラマ「精霊の守り人」などでのアクションシーンでもわかるように、運動神経の良い方です。空手の形の稽古でも勘の良いところを見せています。
この動画の主人公の一人である堀場早耶さんの、切れの良い形の演武も見どころです。


もう一つだけ紹介しておきたいと思います。
綾瀬はるかmeetsヘルスエンジェルス(東京都編)

出展:https://www.youtube.com/watch?v=KaoykSV_aMw&t=59s

こちらはパラリンピックを目指す陸上競技アスリート仲間の取材です。
健常者であれば、普段その名称をあまり耳にすることがない、義肢装具士という職業にスポットを当て、装具士である臼井さんの仕事ぶりと、臼井さんが作る義肢を使用し、陸上競技に挑戦するアスリートたちとの交流を描いています。

障害を乗り越え、陸上競技に挑戦する人たちと、それを高い技術とやさしさで支える臼井さん。
走ることで自信が持てた、強くなれた、夢がうまれた!
パラリンピックへかける思いを語るアスリートの方たちの姿に、心が熱くなります。


このシリーズを通して案内役を務める、綾瀬はるかさん。
柔らかい物腰と屈託のない笑顔が本当に素敵で、これは出会った人はファンにならずにいられませんよ!

パナソニック製品にご興味がない方も、お時間のある時ぜひご覧ください。
オリンピック・パラリンピック、そしてスポーツの素晴らしさを再発見できると思います。
[→]Beautiful JAPAN toward 2020


スポーツマン・シップにのっとり、正々堂々と、
ポチッとお願いします!

人気ブログランキング




「冷凍 沖縄風ソーキそば」を食す! [沖縄が好き!]

近所の西友で、「日清の沖縄風ソーキそば」という冷凍食品を買いました。
この製品の存在など知らず、たまたま店で見つけての衝動買いです。
価格はなんと217円(税別)。とりあえずは、その安さに拍手!!

パッケージはこれ。 
a.jpg

「いかにも沖縄」というパッケージデザインが、私のような皮相浅薄系沖縄ファンの心を掴みます。はい、見事にメーカーの販売戦略にはまっております。


中身を取り出してみました。 
b.jpg

メインは透明のビニール袋に入った麺。
カマボコやネギと共にソーキも一緒に冷凍されていて、麺と一塊になっています。
紅ショウガは小さな別の袋に入っています。
そして、液体スープが入った小袋。


パッケージの裏に記載されていた調理方法。 
e.jpg

早速作ってみました。
お湯を沸かしながら、並行して麺と具を電子レンジで解凍~温めをします。
袋のままお皿に乗せて約4分です。


温め終わった様子。 
c.jpg

あらかじめ温めておいたどんぶりに、スープとお湯を入れ、かき混ぜます。
そこへ、先ほどの麺と具を投入し、紅ショウガを添えます。


完成です! 
so5.jpg

ご覧のとおり、見た目はかなり貧相です(笑)。
さて、お味の方は・・・。


まず、スープ。
パッケージデザインと同様に「いかにも沖縄」そば、といった味です。
表記通り、「かつおとぶたの合わせだし」の感じは分かるし、
それなりに旨いのですが、「過剰な演出感」があるのです(←わかりにくい!)
うまく言えないのですが、いかにもそれ風に作られた味というか・・・。

つぎに、麺。
細目の平打ち麺です。
ウチの電子レンジで4分は、すこし長かったのかも。
わずかにコシがのこる、ちょっとふやけた「どん兵衛」の麺って感じでした。

最後に具。
ソーキは小さめが一つ。
味付けは悪くないですが、私的には歯ごたえが足りませんでした。
軟骨ソーキなので、丸ごと食べられます。
カマボコとネギは、とりあえず入っています、レベルです。
紅ショウガも、カップ麺についているようなモノでした。

総評。
やはり、217円の製品に多くのモノを求めてはいけない、ということです。
でも、それなりに楽しめたし、きっとまた買うと思います(笑)。

ごちそうさまでした。
どうぞあなたも、うさがみそ~れ~(召し上がれ)!


「よし、私も食べてみよう!」と思われたなら、返事代わりに、
ポチッとお願いします!

人気ブログランキング




アルシオーネSVXがやって来た! [日常雑感]

実は私、日本の旧車がすごく好きで、ミニカーを集めています。
「ちょっとだけ自慢のコレクション」をご披露したいと思います。

001.jpg

何やら怪しげな物も一緒に並べていますが、そこはご愛敬ということで。
「食玩」と呼ばれるものがメインで、お金は大してかかっていません。
本物のマニアの方からしたら、なんじゃこりゃのレベルです。


先日、予約注文していた「スバル アルシオーネSVX」が届きました。

002.jpg

とびっきりスタイリッシュな1台が、コレクションに加わりました。
スケールは1/43。造りの精度の方は、¥2、250(税込み、送料別)という価格を考えれば、充分なクオリティーです。以前より欲しかった一台なので、嬉しい!

初代のアルシオーネも欲しいのですが、現時点では入手困難。
今回のSVXのように、新たに発売されることを期待しています。


ここでちょっとアルシオーネSVXのウンチクを!

51Z2lpCHWKL__SX403_BO1,204,203,200_.jpg

アルシオーネSVXは、スバルが1991年に発売を開始した、
5人乗り2ドアクーペタイプのスポーツカーでありロングツアラーです。

イタリアの自動車デザインの巨匠 ジウジアーロによるデザインは美しくかつ斬新で、生産が終了して20年たった現在の目で見ても、まるで古さを感じさせません。

バブル景気に沸く時期に計画され、バブルが崩壊したぐらいのタイミングでデビューしたという悲運な巡りあわせもあり、残念ながら商業的には失敗に終わってしまいました。

しかし、クルマの出来は素晴らしく、今でもコアな人気を博しており、程度の良いものは高値で取引されているようです。


以下余談です。

私のブログのプロフィール写真にもミニカーを使っています。
フォルクスワーゲン・ビートルです。

003.jpg

ウチの娘が大学4年の時、卒業旅行として行ったグアムで、クルマ好きの私へのお土産として買って来てくれました。私の収集テーマである「日本の旧車」ではなく、グアム土産なのにメイド・イン・チャイナというシロモノですが、最も大切な1台であることは言うまでもありません。

男なんて、幾つになってもこんなもの集めて喜んでいる、子供じみたところがあるものです。
皆さんにも「ちょっとだけ自慢のコレクション」はありませんか!?


幼いころ、おまけ目的のためだけに「グリコ」を買っていたという方は、私と同類のよしみで、
ポチッとお願いします!

人気ブログランキング

ガチャガチャ単品から購入OK!『カプセルゴリラ』



「リトル沖縄」の沖縄そば事情3 「マルトミ食堂」 [リトル沖縄も好き!]

沖縄好きなくせに、本家「沖縄」ではなく、
分家「リトル沖縄」ばかり贔屓にしている私です。

以前、何かのTV番組で、沖縄の人々は「食堂」というものをこよなく愛し、家で作れるような料理でも「食堂」で食べるのが大好きだ、といったようなことを知りました。そして、その「食堂で食べる文化」は、古くは大正時代より沖縄からの移住者が多く住む、「リトル沖縄」大阪市大正区平尾でも、ちゃんと引き継がれているように思えるのです。

01.jpg
大阪の「リトル沖縄」平尾本通商店街(サンクス平尾)のアーケード

私が「マルトミ食堂」を訪れたのは、日曜日のお昼時でした。
店の前には数台の自転車が停められてありました。店の入り口である引き戸の前に立つと、中からワイワイと人の声が聞こえてきます。

もしや、と思って引き戸を開けると、小ぢんまりとした店内は、お客さんでいっぱいでした。ざっと見渡したところ、子供を連れた若い奥さんや、年配の夫婦(?)、昼間からご機嫌そうなおっさん達、など見るからに地元の人々が、実ににぎやかに昼食中でした。

頭の片隅にあった知識「沖縄の食堂で食べる文化」を目の当たりにしたように感じた私は、この儀式をよそ者の私などが邪魔をしては失礼と、軽く微笑みながら「また来ます」と小声を発し(たぶん店の人には聞こえていない)、一端外へ出ました。

べつに他の店に行ってもいいかな、と周辺を歩きましたが、日曜日だからか、いくつか見かけた食堂はお休みばかり。以前行ったことがある店は開いていましたが、他を見つけられないまま平野本通商店街界隈をぶらぶらし、結局もとの店に戻ってきたのは、午後の1時を少し回っていました。

まだ何台かの自転車は停められてありましたが、意を決して引き戸を開けると、先ほどのような喧騒はなく、1組のお客さんがいるだけでした。


さて、ずいぶん前置きが長くなってしまいましたが、
「リトル沖縄」の沖縄そば事情3 「マルトミ食堂」のレポート開始です。

外観は、昭和感漂う街の大衆食堂。
沖縄を主張するものは、庇のテントと暖簾に書かれた「沖縄そば」の文字ぐらいです。

022.jpg

中に入ると4人掛けテーブルが4卓。カウンター席はありません。
入って正面の棚の片隅に小さめのおかずケース。
棚の下にはおかずを温めるための電子レンジがあります。
このシステムは、正に昭和の大衆食堂です。

内装に凝った所は何一つありません。
モルタルの土間、クロス張の壁、ジプトーンの天井。
そしてどれもが経年変化でくたびれております。
沖縄を感じさせるものは、壁に飾られた色褪せた沖縄風景写真パネルぐらいですが、他府県観光地の写真も並べて飾ってあり、チャンプルー状態です。

でも考えてみれば、本家沖縄においても、沖縄らしさを演出しているのは観光客相手の店であって、地元の人を相手にしている店は、ごく普通の内装をしているはずです。沖縄風の演出に無頓着なこの店の内装は、実はDeepな沖縄仕様なのかもしれません。

さて、食レポに移ります。

例によって沖縄そばを注文。
但し、腹ペコだったので大盛りにしました。

出てきたものがこれ。
023.jpg

大盛りといっても器は使いわけていないようで、普通サイズのどんぶりに、麺が溢れんばかりに盛られてありました。

紅ショウガは別の小皿に。薬味だからお好みで、という気遣いだとは思いますが、ネギは本体の方に適当に入れられておりました。

その他のトッピングです。
まず、三枚肉ですが、厚みは5㎜程度。ご覧のように枚数は3枚のような4枚のような。たぶん本来は2枚のところ、大盛りなので3枚、と見るのが正解のように思います。
見た目は悪いが、とっても旨い。適度な歯ごたえも好みでした。

次にかまぼこですが、これは大阪のうどんによく入っているようなものです。沖縄そばを名乗っている以上、これは大変残念なチョイスと言わざるを得ません。大阪の食文化とのコラボ、という見方もできなくはありませんが。

それと、ゆで卵のスライスが載っていました。これはおまけ的ですね。

さて、麺です。
たぶん、この店では平打ちの乾麺を使用していると思われます(間違っていたらごめんなさい)。
麺といえば、一番うまいのは「手打ちの生麺」でしょうが、こと沖縄そばにおいては「市販のゆで麺」を使用した手抜き感を楽しむという、裏の王道があります!
そういう意味で、その中間を行く乾麺の使用は、ちょっと中途半端な気がします。
さらにゆで方は硬めで、コシではない歯ごたえを強く感じてしまいました。

麺が鬼のように入っていたので、スープチェックが最後に来ました。
スープは正統派。
カツオ出汁が効いた醤油風味に、豚などの雑味が加わった、私がイメージする沖縄そばらしいスープでした。今回も全部飲んでしまいました。旨かったです。

総合評価は、具と麺が少し残念だったので☆2つ(3つ満点)と言いたいところですが、店に入るまでの思わぬ場面展開で、沖縄的食堂利用事情を垣間見たという、貴重な経験をさせていただけた(こちらの勝手な思い込みの可能性も大ですが)ことですし、☆2半つです!

それと、店のオバちゃんが愛想よく、とても良い感じだったことを付け加えておきます!

次回に続く!! ・・・と思います。

**************************************************************
マルトミ食堂
場所 大阪市大正区平尾5-2-23
電話 06-6554-0274
定休日 火曜日
**************************************************************
【関連記事】
 「リトル沖縄」の沖縄そば事情2
 「リトル沖縄」の沖縄そば事情1

ファミレスよりも食堂の方が、食った!という気がする、という方は、
ポチッとお願いします!

人気ブログランキング


スバルインプレッサが、JNCAP衝突安全性能評大賞を受賞! [時事]

ちょっと前の話題で恐縮ですが、
スバルインプレッサ / XVが、2016年度JNCAP衝突安全性能評大賞を受賞しています。

2017年4月6日付のgooの記事を引用させていただきます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
SUBARU(スバル)は4月6日、『インプレッサスポーツ/G4』および『XV』が2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにて過去最高の得点を獲得し、2016年度「衝突安全性能評価大賞」を受賞したと発表した。

JNCAP予防安全性能アセスメントは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が自動車の先進安全技術について評価し、結果を公表する制度。衝突安全性能評価は、衝突時に自動車の乗員を保護する乗員保護性能と、歩行者への衝突時に歩行者を保護する歩行者保護性能及びシートベルトの着用警報装置が評価対象となる。

今回、インプレッサスポーツ/G4とXVは199.7点を獲得し、3年ぶりに最高記録を更新した。 両モデルは、「歩行者保護エアバッグ」を搭載したことが得点向上に寄与。「特筆すべき安全装置を初めて備えた車種」として創設以来初めてとなる「衝突安全性能評価特別賞」も受賞した。
-----------------------------------------------------------------------------------------
ウチに今あるクルマは日産製ですが、実は私、古くからのスバルファンです。
以前、FF 1600ccから4WD 1800ccへと、レオーネを乗り継ぎました。
とくに4WDの方は、ゲレンデ・エクスプレスとして大活躍してくれたものです。

al-6tw_3.jpg
3代目レオーネ セダンよりも売れたツーリグワゴン  出展:スバルレオーネオーナーズクラブ サイト

今でこそ、スバルは日本のプレミアム自動車メーカーみたいなことになっていますが、かつてはダサいクルマ代表でした。理由は、一言で言うと「デザインが武骨で垢抜けしていなかった」という事になると思います。でも、逆にそのチャラチャラしていなくて技術志向みたいなところが、私が気に入っていた点ではあったのですが・・・。

スバルのイメージが一気にアップしたのは、「レガシィ登場」以降のこととなります。レガシィはスバル史上最大のヒット作になりました。そして1800cc~2000ccというミドルクラスのレガシィの下、1600cc~1800ccというかつてレオーネがいたクラスをカバーするために、続いて登場したのがインプレッサでした。

さて、ここから話はちょっとマニアックになります。

スバルの普通乗用車での最大の特徴は、国産唯一の水平対向エンジンにあるといえます。全長の短いそのエンジンは、前輪車軸上中央に縦置きに積んでも、ノーズを伸ばす必要がなく、フロントヘビーになりません。

しかもピストンが水平に向き合うようにレイアウトされているので、うすべったい形状のエンジンとなり、自然と低重心になります。

またエンジンを、縦置きにしているため、ミッション後端から後輪の車軸に向かって真っすぐにシャフトを伸ばすというシンプルな仕掛けで、本来FFであるレイアウトを4WD(近頃はAWDと称しています)にすることができるのです。
これこそが、スバル自慢のシンメトリカルAWDです。実に美しい!

02_l.jpg
シンメトリカルAWD  出展:carviewサイト

長らく世界ラリー選手権でのライバルであった三菱ランサーは、フロントヘビーであった車体をハイテクで制御し曲がれるクルマにしていましたが、インプレッサは重量バランスが良いため、そんな仕掛けに頼らなくても大変回頭性が良かったわけです。

私は、スバル車の最大の売りは、この基本性能の良さだと思っています。
そもそもコントロールしやすいクルマであれば、衝突そのものを回避しやすいということですから。

今回、評価の対象となったのは衝突安全(パッシブセーフティー)性能ですが、安全性能のもう一つの考え方に予知安全(アクティブセーフティー)があります。今のスバル好調の原動力にもなっている「ぶつからないクルマ」アイサイトや、ABSなどがそれにあたります。
スバル伝統のAWDも、広い意味ではこれにあたると思います。

優れた基本性能に加えて、「衝突」「予知」両面での高い安全性能。
スバル車の総合評価は国産車最高レベルである、と言っていいんじゃないでしょうか。

スバルが掲げている「安全と愉しさ」というキャッチコピー。
このコピーが使われてからの歴史は浅いかと思いますが、スバルの「安全と性能」へのこだわりの姿勢はスバル360の時から一貫しています。

昔からの懸案であった、デザイン面においても、最近はけっこう頑張っていると思います。でも何よりも安全を最優先する真面目な社風が、私は大好きなのです。

「愛でつくるクルマが、ある」というインプレッサのくさいコピーも、スバルには似合います。
「家族を愛してやまない、だけどその表現がちょっと不器用な若いパパ」というのが、私が勝手に思うインプレッサのオーナーのイメージです。

峙1.png.jpg
出展:SUBARU WEB COMMUNITY サイト

このところスバルは絶好調のようです。
昔私が、「クルマはスバルだ!」といくら主張しても、同調してくれる人はごく僅かでした。
私はスバルの回し者でも何でもありませんが、この際言っておきましょうか。
「おまえら、やっとわかったんか~い!」


「スバルファンと言ってるおまえが、日産車乗ってるんか~い!」とツッコミを入れたい方は、
そんな私の頭をひっぱたくつもりで、
ポチッとお願いします!

人気ブログランキング



極真会館の選手が、全空連ナショナルチーム入り! [空手]

まず、今日のタイトルですが、空手に興味がない人には、何のことやら?ですね。
でも、ことは2020年東京オリンピックに関わる話題です。

極真会館をご存じない方のために簡単に説明すると、
故 大山倍達という戦後最強ともいわれる空手家が立ち上げた空手団体です。

一般的な競技空手が、突き・蹴りを相手の身体の寸前で止める「寸止め」といわれるルールで試合をするのに対し、直接相手を打撃する(拳による顔面攻撃は禁止)という、過激な「フルコンタクト」ルールを採用しています。

大山倍達という空手家については、以前熱く語っていますので、ご興味があれば、ぜひ!
[→]憧れの極真空手 リアルヒーロー大山倍達

ここで、4/26付の「イーファイト」の記事を一部引用させていただきます。
----------------------------------------------------------------------------------------
極真の髙橋祐太、上田幹雄が全空連ナショナルチーム入り

2020年、東京五輪の追加種目として採用された空手。この空手は世界空手連盟(全日本空手道連盟=全空連もメンバー)のルールで行われる。

相手にダメージを与えないようコントロールした突き蹴りを入れてポイント数を競う。瞬間的に片手で掴んでの倒しや足払い後の突きもポイントとして認められる。

東京五輪に日本代表となるには各大会で活躍するか、強化選手選考会に合格するなどして、ナショナルチーム(全日本強化選手)に入ることが、まず条件となる。

今年4月1~2日に開催された全日本強化選手選考会に昨年、全空連に友好団体として加入した直接打撃性、フルコンタクトルールの極真会館(松井章奎館長)から、2014年第31回全日本軽重量級王者の高橋佑汰(24)と2015年第11回全世界選手権6位の上田幹雄(21)が初参加。普段とは異なるルールの組手に挑戦し、1ポイントも奪えなかったものの、この五輪ルールに「初めてとしては良く出来た」と審査側から声が上がった。

012.png
得意の蹴りで攻めた上田(右)だったが、ポイントに至らず 出展:イーファイト
-----------------------------------------------------------------------------------------

「1970年代半ばから少年マガジンに連載が始まった、大山倍達の伝記劇画「空手バカ一代」が人気を呼び、極真空手が大ブームとなりました。
その劇画の中で、大山倍達は、他流派の寸止め空手を「ダンス空手」と揶揄し、それに対し自流を「ケンカ空手」と称し、その強さを主張していました。
また、自著の中では「全空連」に対する批判めいたことも書かれていたと記憶しています。

当時の多くの少年たち(私もです)は、それらにすっかり洗脳され、
「極真にあらずんば空手にあらず」みたいな風潮になっていました。
(これは、後に誤解だと知ります。寸止めルールで試合をする流派でも、地稽古と呼ばれる直接打撃の稽古もし、一流選手は実際に恐ろしく強い、という事です)

こういった時代を知るものにとって、「寸止め」の全空連と、あの「フルコン」極真空手が融和するということ自体が大事件なのです。しかも極真側から、あれほど嫌っていた「寸止めルール」での試合に参加するというのですから。

この状況を、古くからの空手ファンである私としては、素晴らしいことだと素直に感激しております。これも、空手がオリンピックの正式種目になったからこそです。
オリンピックという目標を得た空手界は、今一致団結の時を迎えているのです。

空手の故郷沖縄でも、「空手会館」が出来たり、空手関係の大掛かりなイベントも増えてきているようです。古流の技術の、競技への応用などの研究も盛んと聞きます。

2020年東京オリンピックに向けて、空手が柔道に負けない「武道競技スポーツ」として、益々発展していくことに期待したいと思います。


空手道の益々の発展と、皆様のご健勝を祈念して、
ポチッとお願いします!

人気ブログランキング


前の10件 | -