So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2014年06月 |2014年07月 ブログトップ

あこがれのケラマ諸島 [沖縄が好き!]

前にも書きましたが、沖縄が好きです。
じつは、昔から南の島志向が強かったんです。
トロピカル(日本では死語?)ミュージックが大好きでした。

一番のめり込んだのは 高中正義
80年代、日本を代表するスーパーギタリスト
70年代終わりころから80年代半ばにかけて「フュージョン」と呼ばれる音楽がちょっとしたブームでした。とくにギタリストのリーダーアルバムが次から次へと出て、どれもがよく売れていた夢のような時代です。リー・リトナーやラリー・カールトン、日本では渡部香津美、森園勝利、秋山一将・・・ああ懐かしい。

その高中正義氏のファーストアルバムが「あこがれのセイシェル諸島」。
氏のその後の方向性を決定付けるような、トロピカル指向のインストゥルメンタル中心のアルバムでした。このアルバムが発売されたのは1976年。フュージョンブーム到来前夜のころ。当然ヒュージョンなる音楽カテゴリーもない時代、すでにこのような音楽を創っていたセンス、凄すぎます!

もう好きで好きで、聴きまくりました。車に乗ればタカナカのカセットをオン(ウチの娘は使い方すらわからんといいます)。海に行くときは、もちろんラジカセを「渚のカセット 好きな歌だけつめこんで♪(byチューブ)」状態で持ち出しです。

・・・時は流れて、今は2014年
最近よく聴くのは沖縄音楽。沖縄民謡から沖縄産ポップミュージック。どれも歳を重ねたおっさんの心を揺らし、癒してくれます。沖縄好きを自認する私ですが、YouTubeがなければ出会えなかった音楽です、たぶん。YouTubeに感謝!

そんな折、先日のTV番組「世界ふしぎ発見」で沖縄の慶良間諸島が紹介されていました。

kerama.jpg
フリー画像よりお借りしました

慶良間諸島は今年の春、国内で31番目の国立公園に指定されています。国立公園の新規指定は27年ぶりのことだそうです。番組ではミステリーハンターの鉢嶺杏奈さんが、爽やかに慶良間の魅力を伝えられていました。

那覇市から高速艇で約50分。東シナ海に浮かぶ亜熱帯の島々「慶良間諸島」。
真っ白なコーラルサンドのビーチに縁取られた緑の島々と、浅瀬のエメラルドから深みの瑠璃色へと色を変える内海のグラデーション。付けられたキャッチフレーズは「世界が恋する海」です。

私のあこがれは「セイシェル」から「ケラマ」へとかわりました。
次に沖縄へ行く機会があればここがいいな、そう思う今日この頃です。


「世界ふしぎ発見!」のミステリハンターといえば、やっぱ竹内海南江さんでしょ、というあなた
ポチッとお願い致します!

人気ブログランキングへ

日本まるごと遊び場宣言!遊び・体験・レジャーの予約【アクティビティジャパン】




CDや本は、わざわざお店に買いに行くものではないのか、ちょっと考えてみました。 [日常雑感]

amazonで注文していたCDが届きました。注文日の翌日着!便利な世の中になりました。
CDが売れない時代と言われますが、やはり本当に気にいったモノであれば、ダウンロードではなく、パッケージ買いをしたいものです。私がそういう世代だから、とも言えるのかもしれませんが、ウチの娘なんかも同じ理由でCDを買っているようですよ。

振り返ってみればここ数年、CDはamazon以外では購入していません。すっかり街のCDショップでは購入しなくなってしまいました。本もCDほどではありませんが、半数はamazonで買っていると思います。

考えてみれば、CDは指名買いばかりです。CDショップで購入しようとすれば・・・目当てのモノを求めてお店まで行く~とりあえず自分で探す~見当たらなければ店員に尋ねる~在庫がなければ取り寄せ依頼~再訪購入・・・プロセスが面倒くさいですよね。amazonなら、ほしいと思ったものが簡単に検索でき、購入もボタンをポチッと押すだけで出来てしまいます。

本も指名買いのときはamazonでポチッ!です。でも、書店にはアテもなく立ち寄ることがけっこうあります。で、いろんなコーナーをぐるぐるまわり、ふと気になり手にした本を「運命の出逢い」とばかりに衝動買いしてしまったりします。

そういえば先日テレビで、陳列の仕方の魅力で顧客をファン化し、業績を伸ばしている書店が紹介されていました。その書店では、書籍を単純にジャンルで分類陳列するのではなく、「この本に興味がある人は、きっといっしょにこんな本があると便利」というお客様目線で陳列されていました。よくスーパーマーケットで、材料のそばに調味料や関連食材がおいてあって、「おっ、そうそう、これも買っておこう」というアレに感覚が近いですよね。この陳列の配慮で、「運命の出逢い」の機会は確実に増えていると思います。「本屋で探索する派」の人にとっては、わざわざそこまで足を運ぶ理由があるお店ですよね。ファンがつくのもわかります!

CDショップに「アテもなく出かけ探索買い」というイメージが湧きません。たぶん統一されたパッケージを見て回るのが面白みに欠けるのでしょうね。本のように種類・大きさ・デザインなどのバリエーションが無いのは、やっぱり不利かな!?

ちなみに今回購入したCDは、上間綾乃さんの「ニライカナイ」。上間さんは沖縄の魂の唄者であり、三線の達人であり、超がつく美人です。もうすぐ新しいアルバムが出ます。またもamazonで指名買いとなりそうです。


近頃、街の本屋さんがどんどん少なくなってきて寂しい、と思っていた方は
ポチッとお願い致します!

人気ブログランキングへ

沖縄空手 ナイファンチという不思議な型 [空手]

沖縄空手の伝統的な「型」に興味を持ったきっかけは、YouTubeでたまたま見た、
沖縄の女性空手家 小林流神人武館 翁長美智子師範のナイファンチの演武動画です。

私としては、「空手」イコール「組手試合」のイメージがあり、「型」について正直なところあまり関心がなかったのですが、美智子師範の動きには息をのみました。

基本にして奥義の型と言われるナイファンチ。
見た目は、左右に横歩きしながら左右対称の技を繰り出すだけの地味な型です。

しかし美智子師範のナイファンチは、腰使いが鋭く、同時に連係して身体の各部分が猛スピードで動き、見る者を圧倒します。そして演武は、あっという間に終わります。型を演じるとき、どれだけ速ければよいのかは私にはわかりません。でも、その凄味だけは素人でも伝わってきます。

それ以来、空手の「型」の方にも興味を持ち、いろいろな人が演じるナイファンチをYouTubeで、タダで見ました(便利な世の中になったものです)。

ナイファンチは鍛錬のための型と言う人もおれば、ナイファンチこそ実戦のための型だという人もおり、型の解釈もじつに様々です。演武の仕方も個人差が大きく、見れば見るほど、「本当のところはどうよ?」という疑問が湧いてきます。

220px-Motobu_Choki2.jpg

しかし、大正11年、52歳で異種格闘技戦興業に飛び入り参戦して、巨漢のボクサーを一撃で打ち倒してしまった伝説の空手家 本部朝基が、生涯こだわり続けた型だから何かあるに違いないと思うのです。

見た目が単純な型だからこそ奥深い口伝があり、その口伝をよりどころに、猛烈な鍛錬をつづけたであろう昔日の空手家たちの息づかいに思いをはせ、そこはかとないロマンを感じるのです。

☆写真は本部朝基 演ずるナイファンチ初段。ウィキペディアより引用させて頂きました。


沖縄に、今も密かに伝承される古流の型にこそ、空手の真実の姿がある、と思っている方
ポチッとお願い致します!

人気ブログランキングへ


コートジボワールに日本惜敗!英雄ドログバはやはりすごかった [スポーツ]

サッカーのワールドカップ、一次リーグC組の日本はコートジボワールに1-2で逆転負けてしまいました。前半、本田選手が先制ゴールを決めたけど、後半コートジボアワールのドログバが出てきたら流れがかわり、立て続けに2ゴール。やはりドログバは勝敗の行方のキーマンだったようです。

ドログバ選手についてちょっと調べてみると、2度のアフリカ年間最優秀選手、2度のプレミアムリーグ得点王。コートジボワール代表の主将であり最多得点規則保持者など、ものすごい選手。しかし、もっとすごいのは、サッカー選手を超えた国民的ヒーローだということです。

伝説化したエピソードがあります。ちょっと引用させていただくと・・・
コートジボワールでは2002年、与野党政治家や軍部が入り乱れる権力争いから内戦が勃発し、政府派の南部と反政府派の北部に分裂。北部の住民は真の国民(Ivoirite=イヴォワリテ)ではないという南部の政府派の分断思想に南部出身のドログバは反発し、みんな同じ「Drogasite=ドログバシテ」なのだ主張する運動を開始。ドログバの率いる代表チームとチームカラーのオレンジは、南部出身者も北部出身者もひとつになって戦う国民融和のシンボルとなりました。
2005年10月、翌年のドイツ大会に進出を決めた試合の後、マイクを手にしたドログバは、更衣室でチーム全員と一緒に、生中継のテレビカメラにむかってひざまずき、内戦をやめるように訴えたのです。
「コートジボワール市民のみなさん。北部出身の、南部の、中部の皆さん、私たちはこうやってひざまずき皆さんに懇願します。許しあってください。コートジボアールほどの偉大な国がいつまでも混乱し続けるわけにはいきません。武器を置いて選挙を実施してください。そうすればすべてがよくなります」
このことがきっかけとなり、一週間以内に戦闘が止まったのです。

アフリカ最強のストライカー ドログバも36歳。さらに4月に負った怪我の状態も完治ではない、となれば戦力的には、かつての実力は期待できないかもしれません。でも、彼が出てきただけで、あっという間にチームの雰囲気を変えてしまう力があるんですね。

日本敗戦は残念ですが、このようなチームに1-2は大健闘と言えると思います。
次のギリシャ戦は、絶対勝利!! にわかサッカーファンも応援致します!


そうそう、私もにわかサッカーファンですよ、という方
ポチッとお願い致します!

人気ブログランキングへ

石垣島発 超絶簡単麺料理「からそば」はフツーの中華麺でも出来るのか!? [沖縄が好き!]

「からそば」とは、先日、秘密のケンミンSHOWで紹介されていた
沖縄県・石垣島の麺料理(と言えるのか?)のことです。

0647c41b0aa18b3b0dcdc94420379b7b.jpg
からそばイメージ 出展:cookpad

用意するものは、八重山そば(沖縄・八重山地方でよく食べられている細い丸麺の沖縄そば。ゆで麺で販売されているモノ)とサバの味噌煮などの缶詰。

作り方ははとても簡単(というか適当)。八重山そばの袋を開け、その中にサバ缶を汁ごと全部投入、あとはその袋をモミモミ。よく混ざったら器に盛って完成です。

ところが、ウチの近所のスーパーじゃ八重山そばは置いていません。それでも作りたい!
で、代替品として選んだのが「中華そば」の袋入りゆで麺。選んだ製品は、ゆでた後サラダ油をまぶしてあると袋に書いてあったので、その点でもオリジナルに近いはず、でした。

さっそく「中華そば」の袋を開け、そこへ直接サバ缶投入。ほかの袋やボウルなどに移したほうが混ぜやすいけど、ここはちょっとオリジナルな手法にこだわりました!。よーくモミモミして完成。いただきま~す。 

・・・不味い!
なにが不味いって、麺の食感。粉っぽくゴワゴワして奇妙な歯ごたえです。たとえて言うなら、粘土で麺を作って食べたらこんな感じになるのでは。また、絡めたサバの味噌煮も変に生臭い。

でも、すてるのはもったいない
せめてつるんとした舌触りに出来ないかとサラダ油をからめました。さらに電子レンジでチンすると、すこしばかり麺にコシが!。生臭さもいくらかは軽減されたようです。

けっして美味しくなったとは言えませんが、なんとか完食。
ウチの嫁・娘・息子も、ビミョーな表情で食べておりました。

やっぱり、紛いものではだめだということが、よーく分かりました。
次は、リトル沖縄 サンクス平尾の沢志商店で、ホンモノの「八重山そば」買ってきてつくります!。リベンジだっ!


「秘密のケンミンSHOW」を観ながら、
「そんなことはないだろ」とよくツッコミを入れている方は
ポチッとお願い致します。

人気ブログランキングへ


リトル沖縄へ行った [リトル沖縄も好き!]

hirao01.JPG
沖縄が好きです。
大阪の人間なのに、このブログタイトルに「ちゃんぷるー」と付けたのもそのためです。

沖縄へは、いままで3回行きました。
もっと行きたいのですが、事情が許しません(お金とか時間のことです)。
そこで、近場で沖縄の雰囲気を味わいたいと、
「リトル沖縄」と呼ばれる大阪市大正区の平尾へ行ってきました。

現在大正区には、人口の1/4ほどの沖縄出身の方(2世、3世を含む)が暮らしています。
第一次世界大戦後、沖縄では大変な不景気で、毒があるソテツの実を常食としなければならなかったような「ソテツ地獄」と呼ばれた飢餓状態だったそうです。少しでも豊かな暮らしを求めて大阪に大勢移住してきたのが、平尾を中心とした大正区でした。

さて、ここ平尾にいかにも沖縄らしい南国ムードを期待して訪れると、見事に肩透かしをくらいます。どちらかといえば、コテコテの大阪の下町の雰囲気。

その平尾の中心となるのが、サンクス平尾こと平尾本通商店街です。
どこにでもあるようなアーケード商店街ですが、よく見ると「めんそーれ 楽しくお買い物ができる街」と書かれた守礼の門がデザインされた横断幕が張ってあったり、ときおり沖縄音楽がながれてきたり、それなりに沖縄らしさを主張してたりします。

お店のほうも、パッと見、普通の豆腐屋さん、八百屋さん、肉屋さんに、他では手に入れにくい沖縄料理に使う食品が揃っています。

なかでも、私が目的地としていたのは「沢志商店」。
沖縄物産専門店で、店内には所せましと沖縄色豊かな食材がずらり。大好きな沖縄そばなどを買いました。

平尾本通商店街も、各地の最近の商店街事情同様に、シャッターを降ろしたお店が多く見られます。でも、そのシャッターに、歓迎の言葉を入れたペイントが施されたりして、頑張ってる感が伝わってきます。

また行きますから!微力ながら応援しますから!!ぜひ頑張ってくださいね!!!


サンクス平尾に興味が湧いた方は
ポチッとお願い致します!

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

- |2014年06月 |2014年07月 ブログトップ