So-net無料ブログ作成
検索選択

寒い冬にカルピスが効く! [日常雑感]

私は乳製品が、ほぼ苦手です。
牛乳はもとより、バター、チーズ、ヨーグルト全部ダメです。
それらを使った料理・飲み物も、ほぼダメです。

しかし、乳酸菌飲料であるはずのカルピスはOKなのです。
子供の頃から、こいつだけは例外的に好きな乳製品でした。

大人になってから覚えたのが、ホットカルピス
これを知ってからは、カルピスは夏よりも冬がメインの飲み物になりました。

たとえば寒い屋外、自販機で温かいものでも飲んで暖をとろうと思った時、チョイスするのはココアじゃないでしょうか。甘くて、コクがあって、とてもほっこりしますよね。

でも、いつもココアばかりだと飽きてきます。それで、コーヒーやお茶、ホットレモンなどをチョイスすることになるのですが、ココアほどのほっこり感がないのです。
こんな時、ホットカルピスが飲みたい、と思うのですが、私が知る限りカルピスウォーターをホットで販売している自販機を知りません。

何故なんでしょ?
私だったら、カルピスウォーターをホットで販売してくれるなら、ココアと一日交替で買いますよ!!乳酸菌飲料だからきっとお腹にも優しいだろうし、コクがあって、甘酸っぱくて、そーとーほっこり指数は高そうです。

ちなみに、カルピスのホームページに行くと、カルピスを使ったレシピがたくさん紹介されています。歴史の古い製品だけに、いろんな頂き方が考えられているようですね!

最後に、アレ言っておきますか。
カラダにピース!!


長澤まさみさんが好きだー、という方
ポチッとお願い致します!

人気ブログランキングへ

いまどきのインフルエンザ治療薬は、かんたん・すごい! [日常雑感]

突然書いています。
思うところあって、投稿していませんでした。
・・・いやぁ、ホントはあまり深い考えはありませんが。

インフルエンザに罹ってしましました。
咳が出始め→悪寒→高熱・頭痛!
で、病院にいって検査をしてもらうと、香港A型陽性。

処方された薬は、イナビルという吸入剤のインフルエンザ治療薬と、頓服としての解熱剤。調剤してもらった薬局で、イナビル2本をその場で吸入。驚いたことに、インフルエンザそのものの治療はこれがすべてでした

インフルエンザ治療薬といえば、タミフルが有名ですね。タミフルは毎食後服用で5日分処方され、熱が下がっても飲みきらなければ治療が中途半端になってしまいます。でも、熱が下がると飲まなくなる方も多いとか。その点イナビルは、一回こっきり。ものぐさな私にはピッタシでした。

翌日に、高熱はピーク(39度を少しオーバー)を迎え、解熱剤も何度かに飲みましたが、その後急速に回復、3日目には、ほぼ平熱に。イナビル良く効きます。でも、インフルエンザは熱が下がってもウイルスをまき散らす恐れがあるため、発症より5日間は外出禁止です。

5日間の療養期間は、ホントに症状がきつい2日間と、3日間の引きこもりという感じかな。
今日は、その5日目です。体はしんどくないのに、家の中で居るしかない・・・。
そんなわけで、暇に任せて、思い出したように本日の投稿となった次第です。

みなさん、インフルエンザ香港A型にご注意を!本気で流行ってますから!
抗原性の変化がはやく、ワクチンを打っていても気休め程度。また、一度罹って抗体ができても、全然安心できないみたいです。

私は明日から、やっと引きこもり脱出です。
当分マスクは手放せません、うつさないためにも、うつらないためにも。


元気ですかー!?元気があれば何でもできる!と思った方は
ポチッとお願い致します!

人気ブログランキングへ