So-net無料ブログ作成

授業に漫才取り入れ!やるな金岡高校 [時事]

スポンサーリンク




産経新聞 2月6日夕刊記事より引用

「ミュニケーション力や発想力を伸ばすため、大阪府立金岡高校が今春の新入生から漫才を授業に導入することが6日、府教委などの取材で分かった。文部科学省によると、漫才を通年授業化するのは全国初。府教育委員の井上隆弘氏が社長を務める松竹芸能もボランティアで協力する予定で、所属芸人らの出前授業を参考に生徒ら自らネタを考案、、発表する。目指すは、お笑いを通じた21世紀生き抜く力の習得だ」
---ここまで

実は私、金岡高校出身です。
ついでに、ウチの娘も金岡高校を卒業しております。
それでこの記事が気になって、取り上げてみました。

記事を読み進めていくと、金岡高校の現校長は、放送作出身の和栗隆史氏。なるほど、この人が言いしっぺのようです。生徒同士で相方を決め、学期ごとに与えれたテーマ(この辺がいかにも公立高校らしい固さやね)に沿ったネタを考えて、なんと学期末にはクラス対抗の発表会を行うとのこと。さらに、地域住民への発表会も検討中!
やるじゃないか、わが母校!

ここで、和栗校長の言葉を引用させて頂きます。

「21世紀は正解のない問いに答える力が求められる。漫才を作る過程にはその要素が含まれており、教材として最適だ」
---ここまで

持った湯呑をバッタと落とし、小膝たたいてにっこり笑い、いやぁ「漫才」とは、いかにも大阪らしい教材やないですか!

う~~~んと若い、遥か年下の後輩たちにエールを送りたいと思います。
「普通の授業も大事だけれど、漫才の授業も真剣に、かつ大いに楽しんで、受けてください。そこでの体験は、どんな高度な方程式よりも、その後のあなたの長い人生において、生きるヒントを与えてくれるに違いないから。
がんばれ!漫才最高!!大阪最高!!!


「大阪人が二人寄れば漫才になる」という都市伝説を信じている方は、罰として
ポチッとお願い致します!

人気ブログランキングへ





スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。