So-net無料ブログ作成

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率がヤバい [芸能]

スポンサーリンク




NHKの大河ドラマが好きで、毎年ほぼ欠かさずに観ています。
さて、現在放送中の「花燃ゆ」の視聴率の低迷が続いているようですね。

大河ドラマは、幕末ものは外れることが多い、というジンクスがあるそうです。
しかし、戦国時代とともに、日本の国がもっとも大きく動いた時代ですから、話を膨らますネタは豊富ですし、さらに、戦国時代よりずっと現代に近いため、当然資料も豊富で時代考証もしやすく、まさに見てきたようにウソをつける(失礼)ので、観ている方も自然に感情移入ができるはず。
つまり、話の内容的には、面白くなくす方が難しいくらいだと思うのですが・・・。

では、なぜ「花燃ゆ」の視聴率が低迷するのか?

NHKでは「幕末男子の育て方」をサブキャッチとし、名もなきヒロインの「初恋物語であり、松陰を支える家族を描いたホームドラマ」的な要素+イケメン俳優を揃えるなどして、女性の視聴者を取り込もうとしたプロモーションを展開していたはずなのですが・・・。

スタートダッシュでコケたのは、上記の目論見が外れたこと。
また、回を重ねるごとに、話の方もどんどん重くなっていき(時代背景や、長州という物語の舞台を考えれば当然の展開)、新しく取り込んだはずの視聴者が離れていき、さらに視聴率の低下を招いている、そんなところじゃないでしょうか。

でも、逆に歴史好きの私にとっては、すごく面白い。
教科書ではそれぞれ数行でしか書かれていなかった、あんな事こんな事、あの人物、この人物が、リアルに生き生きと描き出されて行きます、見てきたように。

吉田松陰に妹がいたなんて知りませんでした。
その無名な人物を主役に置く以上、周りをとりまく長州武士の有名どころをはじめ、他藩の幕末のヒーローたちがどう絡んでくるかが見所となります。

いまのところ、やはり吉田松陰役の伊勢谷友介さんの熱演が光ります。出番は少なめですが、井伊 直弼を演じる高橋秀樹さんの存在感もさすがです。今後登場するであろう幕末のヒーローたちに、それらを演ずる役者の方々がどう命を吹き込むかと、けっこうワクワクしています。

幕末ホームドラマを期待していた女性の皆様。すみせん、私こっちの展開で良かったと思っています。でも、民放だったら打ち切りになるのだろうな、こんな場合。



スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。