So-net無料ブログ作成

第27回大阪府武術太極拳選手権大会 [太極拳]

第27回大阪府武術太極拳選手権大会に参加してきました!
今年は、2/15(金)~17(日)の3日間。
場所は、大阪府守口市の守口市民体育館。
私は、3年続けて参加しております。

⇨第26回大会の記事はこちら
⇨第25回大会の記事はこちら

IMG_6272.JPG
結果は、今年も銅メダル。
今年の表演の出来はかなり良かった、と思いましたが、結果はごらんの通りでした。

3年間の銅メダルコレクションをどうぞ!
IMG_6270.JPG
「第〇回」などと刻印のされている、裏面を並べてみました。
表面だと、まるで同じものが3つ並ぶだけですからね。

さて今回も、過去2回の記事で誓ったように、
「来年こそは金メダルだ!」
で、記事をしめたいところなのですが、
どうも、そういうものではないことが分かってきました。

もう一度書きます。
今年の表演の出来はかなり良かった、と思いましたが、結果はごらんの通りでした。

今回、2位だった方とは、僅差でした。
これは表演という競技なので、審判の見方によるものと納得できなくはないです。

しかし、1位になった方の表演は、途中の2回の蹬脚(ゆっくり出す蹴り技)で、どちらもバランスを崩し、特に2回目は満足に足を上げられないで次に進み、その後は目立って技が雑になり、そのまま演武は終了しました。この表演を見て、「この人には勝った」と思いました、とーぜんのことでしょ!?

表演が終わって、各審判が付けたその方の点数が読あげられていったのですが、我が耳を疑いました。とくに審判の一人は、表演の出来からは考えられない、飛びぬけた高得点を入れている。

1位を取ったっ方は、最近4段を取得された有名な選手だそうです。
大阪の大会での優勝者は、全国大会に出場する資格を得ることになります。
実際、この方の競技前の練習をみていると、上手な方だと一目でわかりました。
しかし、実際の競技では半ばでミスを連発し、そのあとはかなりグダグダでした、はっきり言って。

「どういう事やねん!!」
と憤る私をなだめるように、優しく声をかけてくれた方がいました。
「残念ながら、そういう世界やねん」

私の表演に、高得点を入れてくれた審判が2名おられました。
この方々は、しがらみのない評価ができる立場のひと、なのかもしれません。
1位になった選手に、(1位を確定させるために)考えられない高得点を入れた審判殿、
思い通り(あるいは打ち合わせ通り)の人を全国大会に送れて満足ですか!?

IMG_6210.JPG
大会の様子。4つのコートで並行して競技が行われる。

どうも、銅メダルを取った話なのに、後味の悪い話で申し訳ありません。
敵を作るだけの話かも知れませんが、とりあえず書かずにはおられませんでした。

私の出来ることは、誰が見ても高い評価をせざるをえない、優れた表演技術を身に着けることしかありません。本記事は、わけのわからん審判員への挑戦状みたいなもんです。
来年は、文句を言わせん表演をするからな!
もし、それでもおかしな審判をしたら、そのときは、
「どついたるねん!」


試し割り気分で、
ポチッとお願い致します!

人気ブログランキング



アンケートに回答する


タグ:太極拳
nice!(28)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。